抗生物質が効かない耐性菌

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌とは抗生物質のメチシリンに対する耐性をもつ黄色ブドウ球菌のことを指しますが、一般的に多くに抗生物質に対して耐性をもつ多剤耐性菌のことをいいます。
臨床像として、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌は黄色ブドウ球菌が耐性化した病原菌でヒトの体内に存在し病原性を示さない常在菌の一種として考えられており、健康な状態のヒトの咽頭や鼻腔などがから検出されることがあります。
また、薬剤耐性菌なので薬剤が多様される病院内で見られることが多く、病院に入院している患者に発症する院内感染の「起炎菌」とされています。
ですが、病原性に関しては黄色ブドウ球菌と同様に健康な状態のヒトであっても皮膚・軟部組織感染症を引き起こす恐れがあります。
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌が免疫力が低下している状態のヒトに感染してしまった際には、一般的にメチシリ耐性黄色ブドウ球菌が引き起こすことがないような感染症を引き起こす場合もあります。
また、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の特徴として一旦発症してしますと殆どの抗生物質が効かない耐性菌であるために治療が非常に困難となるので注意が必要となります。
特に、手術後の創部感染や臓器膿瘍などは難治療化してしまい最悪の場合には死に至るケースもあります。