抗菌薬、抗生物質、抗生剤、違いは?

抗生物質と抗菌薬の違いは、前者が微生物が作った化学物質のことで、代表といえるものは、青カビから発見されたペニシリンです。抗生剤とも呼ばれてもいます。
後者は、病原体を殺菌的・静菌的に作用する薬の総称ですが、現在は科学的に人工合成される抗菌薬と抗生物質に大別されています。
抗生物質(抗生剤)は、細菌感染に対しては有効であり、抗菌薬は病原体の細菌を殺したり、増殖を抑えたりする働きを有しています。
ただ、前者はウイルスや真菌に対しては効力がなく、後者は細菌の感染症以外の病気には効果がないのが現状です。
抗生剤は、コレラやジフテリアなど昔から有名な病気のほか、とびひや百日咳に有効で、抗菌薬は、マイコプラズマ肺炎、クラミジア感染症などに有効です。
抗菌薬は、細菌が原因の病気の場合は何の菌なのかを見極め、それに効果のある薬を医師が選択してくれます。
抗生物質と共通している部分は、使用することにより耐性菌が出現しやすいことです。耐性菌が出現すると、免疫力の低下だけでなく、重い病気につながることもあります。下痢やアレルギー反応などの副作用もあらわれます。
医師が必要と判断したときに服用するようにし、自己判断で服用を中止しないことが大事です。