ジスロマックで下痢になる?

薬を安全に利用する際にはそれぞれの薬の特徴を良く知り、効果効能はもちろん、副作用について理解しておく必要があります。
薬を処方された場合は、医師や薬剤師が薬についての説明を行ってくれますので、正しく使用していきましょう。
感染症の場合は抗生物質がよく処方されますが、ジスロマックも様々な場面で処方されている薬です。
細菌による感染症に良い効果を発揮してくれる薬で風邪や呼吸器系感染症、尿道炎、歯周病、副鼻腔炎など様々な治療に利用されています。
ペニシリン系ではあまり効果がなかったクラミジアやマイコプラズマなどにも効果を発揮してくれる薬で効果の持続時間が長いことでも知られています。
ジスロマックは抗生物質の中でも比較的副作用が少ないとされていますが、やはり薬ですので、まったく副作用がないというわけではありません。
抗生物質は悪玉の細菌に良い効果を発揮してくれますが、善玉の細菌にも作用しますのでそれゆえに副作用が出てしまう場合もあります。
よく起り得る副作用としては胃痛や嘔吐、下痢などがあげられます。特にジスロマック下痢は起こりやすい症状ですが、ジスロマックに限らず、マクロイド系の抗生物質は胃腸に作用しやすいこともありますし、腸内の善玉菌にも作用してしまうことがありますので、腸内細菌のバランスも崩れやすく下痢になりやすいとされています。
そしてこうした副作用を防ぐためにもジスロマックと同時に胃腸薬が処方されることも多くなっています。
ジスロマックで下痢になるという症状は誰にも出るというわけではなく、まったく症状が出ない場合もあり、体質による差もあります。
胃腸薬を利用しても症状が出てしまう、あまりに症状がつらい場合は、医師に相談してみましょう。